平成29年度 第5回定例理事会 議事録

2017年12月11日

 12月8日(金)に仙台に於いて定例理事会が開催されました。議事録を掲載いたしますのでご確認下さい。なお「新春賀詞交歓会」の案内をFAXでお送りしましたので、1月8日までご返答下さい。

    平成29年度 第5回定例理事会 議事録

日 時  平成29年12月8日(金)  会 議 15:00~18:00
場 所  東京エレクトロンホール宮城 404号和室
参加者   池原賢吾  大宮裕介  小柳広二  渡邉正昭  高橋 稔
  高橋明弘  垂石陽治  黒沢 悟  今野秀紀 
欠席者   中島 功
  17:00から以下の協賛会幹部の方々が参加して会議が続けられた。
堀内栄治 谷本正巳 中 俊哉 宮島督典 嶋田英志 熊谷 勝

高橋専務理事の司会進行により、まず池原理事長の挨拶から会議が始まった。シールラベル業界の業態変化が加速していること、また慢性的な人材不足(特に若手オペレーター等)の問題があり、組合として何かできないものかという提言があった。また年次大会に併せて行われた連合会三役会において、再来年の年次大会が滋賀県琵琶湖湖畔のホテルで開催されることが報告された。その後、以下の報告事項が各担当者から行われ、確認、承認された後に議題の審議に入った。
1. 11月末時点での中間決算報告(事務局)
2. その他
その他では技術委員の垂石理事より、1月25日に技術委員会が開催され、来年7月27日の年次大会に向けて、ラベルコンテストの規定課題を決定する旨の報告があった。

議  題
第1号議案 平成30年新春賀詞交歓会の件
 1月19日(金)に開催が決定している「新春賀詞交歓会」の内容が別紙により確認された。組合員及び協賛会員への通知は来週の月曜日にファックス送信で行われる。

第2号議案 協賛会への要望等の件
 理事全員に対して「協賛会への要望等」のアンケートを実施し、それらをまとめたものを基に各理事から意見を募った。組合員の減少が進む中で協賛会への加入数は逆に増えている。そうした状況も踏まえて、今後協賛会との連携が益々必要になってくるとの前提に立ち、まず以下の三点を協賛会に提案することが決まった。
1. 組合の前理事長(現時点では渡邉正昭氏)が協賛会の顧問となり、協賛会の総会及び各会合に参加して常に意見の集約に寄与する。
2. 組合の活動において協賛会員が数多く参加するのが「新春賀詞交歓会」なので、できるだけその日に協賛会の会合を開催するように努める。
3. 協賛会の企画、主催で年1回のイベント(内容については勉強会、交流会等は一切問わない)を必ず実施する。

第3号議案 今後の理事会等の日程の件
 以下の日程で各会合を開催する。
三役会
日 時 2月9日(金) (宮城県支部会開催)
場 所 未 定
第6回 定例理事会
日 時 3月9日(金) 
場 所 未 定
平成30年度 第1回 定例理事会
日 時 4月20日(金) 
場 所 未 定
 基本的に上記の日程で開催する予定であるが、連合会の会議開催の日程と重なった場合は変更することが了承された。

第4号議案 協賛会との合同会議の件
17:00から協賛会幹部の方々が会議に加わって今後の組合の運営等について話し合いが行われた。組合への更なる協力、その他に関して協賛会からの具体的な提案等は当然のことながら全くない。組合からは上記の3点について、依頼という形で幹部の方々に伝えられた。加えて今年の総会で規約化された「賛助会員制度」の認知と勧誘を目的に、東北及び周辺の地域の同業者に対して、協賛会の方々に協力してもらうことが確認された。

以上の協議を終えて18:00に理事会を終了した。本日の定例理事会の議事を明確にするため本議事録を作成する。
平成29年12月8日
議事録作成者 理事長 池原 賢吾

Category: 理事会だより | パーマリンク
«